こんばんは。
トモヤミです。

皆さん思い出の映画ってありますか?

子供の頃に初めて観た大人の映画。

初めての彼女とデートで観た映画。

ハマって何度も繰り返し観た映画。

色々あると思いますが、今回紹介する映画は僕が妻と初めて観た映画です。






『エクスペンダブルズ3』

80点


スタローン、シュワちゃん、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、ステイサム…etc。

とにかく豪華で、スクリーンに彼らが映るだけでドキドキ・ワクワク・ニヤニヤして観れる作品。

アクションもさることながら、アクションスター達が繰り広げる様々な自虐的な演出やセリフに終始笑ったり物悲しくなったりと一喜一憂してしまう。


アントニオ・バンデラスは粋なBGMで登場して「仕事くれ!」と叫ぶし、冒頭はウィズリースナイプスを脱獄させる展開に爆笑、しかも役はちゃんとナイフ(剣)使い。

メル・ギブソンは「りーさるうぇぽん」よろしくのイカれた罵声をスタローンに浴びせ、スタローンも新入りの若いメンバーに突入作戦を「まるで85年のアクション映画ね」とバカにされる。


アクションの方も今回は消耗品軍団&若い新入り勢力が登場し、中々にキレのあるアクションをやってくれるし、ハイテクな武器やハッカーキャラなんかも登場して1.2とはまた違った要素が見てとれる。


別に最近の映画に不満があるわけではないけど、やっぱりたまに思う、あの時見たあの人は?あのアクションは?あの興奮は?全部もう古くさいのはわかってるけど、それでも求めてしまう事がある。

まぁ要は何が言いたいかって、これらのかつてスターだった方々が一緒に協力しあって、自虐を押して、老体にムチうって必死にアクションし続ける姿にとても勇気づけられてしまうという事。


それに昨今3DやCGだらけの映画が流行る中、こんな時代錯誤の純度100%アクションのみの映画も制作されてることや、それがちゃんと人気を得て成功しているのもまた映画ファンとしては嬉しかったりもする。


そんなわけで、この映画ただ単純にアクション求めて見るのも十分だけど、やっぱり人を選ぶ所もある。

けど、出演しているアクションスター達を知っている人は良い郷愁に浸れたりもできちゃうし、凄く楽しめるエンターテイメント溢れる映画じゃないかなと。


次回もこのオールドスター福祉映画には様々なアクション俳優を出演させ美味しくイジッてもらいたいなと思った。まだまだスタローンには頑張ってもらいたい